病気の知人をお見舞い

病気のお見舞い品について

病気のお見舞いで選びたい品

病気で入院されている人のお見舞いに行くとき、どんな品をお見舞いに持って行ってよいか迷うものです。内科の疾患での入院の場合には、食べ物には制約があるかもしれません。食べ物を持参したい場合には、食べてはいけないものがないか確認をしておくことが大切です。お花は、病気が根付かないように、鉢植えのものを避けるようにします。香りのきつい花や、仏事で添えられる菊や、花が首からポロッと落ちる椿なども避けるようにします。また、花瓶が用意されていないこともあるので、フラワーアレンジメントやプリザーブドフラワーを選ぶと喜んでもらいやすいです。

お見舞いの品で気を付けること

お見舞いの品によく選ばれる花ですが、マナーがありますので覚えておきましょう。生花を持って行きたい場合は、病院に確認をとりましょう。最近では感染やアレルギーの観点から、生花を禁止している病院もあるからです。許可が貰えても、香りの強い白百合、血を連想させる赤い花、シクラメンや菊といった死を連想させる花や、鉢植え(病気が根付くと嫌がられます)、花瓶の必要なものも避けます。本人の好きな明るい色の花のアレンジメントや、置くだけで飾れるバスケットの花、プリザーブドフラワー等が良いでしょう。病気の人はナーバスになりやすいものですから、気配りを忘れないことが大切です。

新着情報

↑PAGE TOP

Copyright © 病気のお見舞い品について All rights reserved